Share

春キャベツの美肌効果「激ウマパスタ」レシピ動画5選

17日(月)にメ〜テレで放送されたドデスカ!で大人気レシピ本を出版する山本ゆりさんが紹介していた春キャベツを使ったパスタが気になったので、春キャベツのレシピを今回はご紹介♪春キャベツは、食物繊維による整腸作用やボロンによる美肌効果もあるとても嬉しい食材です。今回は、山本ゆりさんの春キャベツ料理、雑学、おうちごはんで参考にしたい編集部が選ぶクッキング動画もご紹介*


画像:スイーツ男子の簡単レシピ@ameblo

鍋やフライパンを使わないで電子レンジだけで調理時間10分以内で作れる簡単レシピ@ドデスカ!

[材料]2人分 *調理時間目安:10分以下
スパゲッティ:200g
キャベツ:1枚
ツナ缶:1缶
しょうゆ:小さじ2
砂糖:小さじ2
粗びき黒こしょう:適量

《A》
顆粒コンソメスープの素:小さじ2
塩:少々
水:500ml

[作り方]
1. 耐熱皿にスパゲッティを半分に折っていれ、ちぎったキャベツ、ツナ、(A)を加える
2. ラップでカバーせず、電子レンジでスパゲッティ袋にある表示よりも3分長く加熱する
3. しょうゆ、砂糖を加えて、混ぜたら器に盛り、黒こしょうをふりかけて完成!

☆調理のワンポイント
※5分ゆでなら7分、7分ゆでなら10分

旬を迎えた春キャベツの効力と理想的な食べ方

*春キャベツには女性には特に嬉しい栄養がたっぷりです

【カロリー】
カロリーは非常に低く、100gあたりたった23kcal鹿ありません。茹でるとさらに下がります

【ビタミンC】
・キャベツのビタミンCの含有量は淡色野菜の中ではトップ
・春キャベツは、その中で最も甘みが増しており、ビタミンは他キャベツの3倍も含んでいるんです
・キャベツの葉(2、3枚)だけで、1日に必要な栄養量を満たすことができると言われるほど
・ビタミンCには、体の老化を防ぐ抗酸化作用、ストレス解消効果が期待される

【ビタミンU】
・胃薬品の主成分にも使われている成分であり、聞いたことがある人も多い”キャベジン”とも呼ばれるビタミンUも豊富。他にもレタスやセロリに多く含まれているビタミンU
・この成分は胃壁を守り、肝機能アップや活性酸素除去の働きをしてくれるものです

【カルシウム】
キャベツの葉の部分には、カルシウムやアミノ酸が多く含まれており、骨を丈夫にしてくれたり、イライラした気分を鎮めてくれるのに役立ちます

【食物繊維】
キャベツは食物繊維も豊富で、便秘の解消にも役立ち、便秘によるニキビや吹き出物を改善してくれる効力を持っています

【ボロン】
・ボロンという成分は、女性ホルモンを活性化させるミネラルを豊富に含んでおり、これは胸を大きくするバストアップ効果を期待できるもの
・さらにボロン二よって女性ホルモンのエストロゲン分泌を促す効果もあり、美肌効果だけでなく、お肌のハリや弾力、潤いをアップも期待できます

春キャベツの栄養を損なわない上手な食べ方
・キャベツ特有のビタミン類は、熱を加えたり長時間水にさらすと半減してしますことには注意が必要です
・豊富な春キャベツの栄養素を上手く取り入れるには、出来る限り生で食べたり、ビタミンCが豊富な芯の部分を食べるべきです
・サラダや甘酢漬け、ピクルスにして食べるのもありです♪
・もし加熱して食べたいという場合は、電子レンジでの調理がおすすめ

キャベツの旬の時期
1-5月、7-8月(愛知県、群馬県、千葉県でよく収穫されており、農水省発表している主要13野菜の中でも3番目に生産が多く、年間144万トンものキャベツが出荷されている)

1位:料理のプロが教える「春キャベツのアンチョビパスタ」@宮崎テレビ

シェラトン・グランデ・オーシャンリゾートの副料理長が簡単レシピで教えてくれる春キャベツパスタです。家で簡単にホテルパスタが食べられるレシピは魅力的、アンチョビと春キャベツのコラボレーションは非常に美味しいレシピで1位に選びました*

[材料]2人分 *調理時間目安:25分以下
キャベツ:3枚
アンチョビ:1缶
ブロッコリー:1/3株
しめじ:1/2パック
パスタ:140g
ニンニク:2片
パン粉:1/3カップ
オリーブオイル:大さじ2
塩・コショウ:適量

<作り方>
1. キャベツの芯を取り、ブロッコリー、しめじも食べやすい大きさにカットする
2. ニンニクを半分にカットして芽を取り、一片分をスライスして、もう一片分はみじん切り
3. アンチョビを身とオイルに分け、小骨を砕くために細かめに切る
4. オリーブオイルを引いたフライパンにアンチョビを入れて、ニンニク(両方)を入れて軽くいためる
5. 水分が出る直前にパン粉を入れる
6. 水分が蒸発する音が消えたら、火を止める
7. 麺を8分で茹でていく、2分前に残りの野菜を一緒に茹でる
8. 8分たったら湯切りして、(4)に(7)を混ぜていく
9. アンチョビのオイルを最後に入れてパッと炒めて、塩コショウをすれば完成!

2位:春キャベツとしらすを使った和風パスタ@北陸朝日放送

春キャベツとしらすを合わせる点に感動しました、静岡県に旅行へ行った時に食べたしらす丼を思い出すパスタです。旬の春キャベツのしらすのコラボは最高ですね、この季節は特に


動画:北陸朝日放送@Youtube

一年中味わえる松茸の味で上品の味に仕上げますよ@北陸朝日放送

[材料]2人分 *調理時間目安:12分以下
パスタ:180g
キャベツ:1枚:100g
バター:小さじ2
しらす:80g
松茸味のお吸い物:2小袋

[作り方]
1. パスタを袋に書かれている時間通りに茹で始めます
2. 茹で上がる1分前にキャベツを入れていく
3. 茹で上がったパスタを切ってから、バター、しらす、松茸のお吸い物2小袋を入れて完成!

☆調理ワンポイント
パスタと一緒にキャベツを茹でることで時間の短縮になって、一石二鳥!

3位:春キャベツとベーコンのクリームパスタ@ハウスクッキング

思いっきりハウス食品の宣伝が入っているんですが、一家に一つくらいの勢いでハウス食品の調味料ってありますよね、3位は一度は使ったことのあるシチューミックスを使用したクリームパスタ(ハウス食品レシピ)です♪


[材料]2人分 調理時間目安:15分以下
シチューミックス:大さじ3
スパゲティ:160g
ベーコン:2枚(40g)
玉ねぎ:中1/4個(50g)
春キャベツ:1枚(50g)
サラダ油:小さじ1
水:700ml
GABANあらびきブラックペッパー:適量

[作り方]
1. ベーコンを5mm幅に切り、玉ねぎは薄切りにする
2. フライパンにサラダ油を入れて火をつけ、ベーコン、玉ねぎを加えて炒める。そこに水を加えてふたをする
3. 沸騰したらあくを取り、半分に折ったスパゲッティを入れて、少しずらしてまたふたをして、中火で規定の時間ゆでる
*途中でふたを開けてかき混ぜ、残り時間2分前位になったらざく切りにしたキャベツを加えていく
4. 火を一度止め、沸騰がおさまってからシチューミクスを少しずつ振り入れ、混ぜて溶かしていく。
*ここで、水分が足りないようであれば水(分量外)を加えて、弱火で1~2分加熱する
5. 皿に盛りつけ、あらびきブラックペパーを振って完成!

4位:春キャベツのジンジャーペペロンチーノ@ゼクシィキッチン

ジンジャーと言う名前にはやはりいつも惹かれます、生姜を多く使ったジンジャーペペロンチーノ。旬の春キャベツとタケノコを使ってパスタの美味しさを引き立ててくれるレシピです。タケノコの独特な匂いを生姜が消してくれる効果もありそうです*


動画:ゼクシィキッチン@Youtube 

にんにくのかわりにしょうがを使ったペペロンチーノ。すっきりした味わいが後を引きます。@ゼクシィキッチン

[材料]2人分 *調理時間目安:15分以下
スパゲッティ:180g
しょうが:1片丸ごと
たかのつめ:2本
春キャベツの葉:1 枚
新玉ねぎ:1/2個
水煮たけのこ:小1/2本
塩:大さじ2

[作り方]
1.下準備として、たけのこは食べやすく切り、キャベツはざく切り、玉ねぎは薄切り、しょうがはみじん切り、たかのつめは小口切りにする
2. 鍋に1.5リットルの湯を沸かして、分量の塩を加えていく。スパゲティを袋の表示時間より1分短く茹で始める
3. フライパンを弱火にかけて、オリーブオイルをしいて、しょうが、たかのつめを炒めていく。しょうがの香りがたったら、スパゲティの茹で汁をお玉2杯分加えて、フライパンをゆすりながら混ぜ合わせていく
4. オイルと茹で汁がなじんだ後、たけのこ、キャベツ、玉ねぎを加えて炒めていく
5. スパゲティが茹で上がったら、トングで湯から上げて(4)に加えていく。そこへ茹で汁をお玉一杯分さらに加え、水分がなくなるまで混ぜながら煮詰めて完成!

☆調理のワンポイント
・スパゲティは袋に表示されている茹で時間より1分短く茹で上げたい

5位:春キャベツとアンチョビのペペロンチーノ@ABCクッキング

ABCクッキングは、キッチンにお金をかけているだけあって、動画の見栄えがいいなっていつも思います、少しかたいのが難点ですが。。パスタの茹で方はとても重要ですよね、ABCクッキングが紹介していたようにパスタの茹で汁も逃さずに使っていきたいところ*


[材料]2人分 *調理時間目安:15分以下
スパゲティ:150g
キャベツ:80g
赤唐辛子(輪切り):8切れ
にんにく(つぶす)1/2片
オリーブ油:大さじ2
アンチョビー(フィレ):10g
塩:少々
こしょう(黒):少々
パセリ(みじん切り):少々
パスタの茹で汁:30cc

[作り方]
1. パスタはタイミングを見計らいながら、アルデンテに茹でていく。ここで、茹で汁を30cc取っておくことを忘れずに
2. キャベツは芯を取り除き、2cm角のザク切りにしていく
3. フライパンにへにんにく・オリーブ油・赤唐辛子・アンチョビーを入れて熱し、キャベツを加えてさっと炒める
4. アンチョビから良い香りが出てきたら、パスタの茹で汁を加え、乳化させていく
5. パスタを加えて、ソースとからめる。塩・黒こしょうで味をととのえる
6. 皿にパスタを盛り付け、パセリのみじん切りをちらして完成!