Share

もこみちが10分調理!「アサリパスタ」レシピ動画3選

20日のMoco’sキッチン、ご覧になったでしょうか。相変わらずのオリーブオイル男子力を見せつけられた数分間でした。1日に何本ほど撮っているのか気になって仕方ない編集部でした。さて、今回の放送(2017年4月20日)で紹介されていたレシピは!「もこみち流 アサリとプチトマトのパスタ」です。

編集部が実際にパスタを作ってみて、その際に適切だった分量と他にアサリをベースにしたパスタ動画(プロによる公式動画サイト)で良いものを調査してランキング形式でご紹介していきます♪

もこみち流パスタの作り方と有名レシピ動画のあさりパスタランキング(ベスト3)

今回のキーワードは「春食材をおいしく食べよう!」と言うもの。放送で使用されていたアサリは、あさり漁獲量が10年以上連続で日本一の愛知県産のもので、この時期は旨味がたっぷりだそう、本当あさり美味しかったです。。もこみちさんのレシピだと約10分であさりのパスタが完成しました♪
*あさりの漁獲量は1位の愛知県=10,563t、2位の静岡県=4,127、3位の千葉県=2,248とダントツで愛知県が一位なんですよね。参照元:地域の入れ物

シンプルな料理ですけどものすごくうまいですよこれは。アサリをいっぱい乗っけちゃうので非常にボリューミーですね。今日はこれで決まり!とてもシンプルなんだけどもあさりの旨みにトマトの酸味が合わさってさらに美味くなりました@Moco’sキッチン公式HP

[材料]2人分(編集部独自の分量) *調理時間目安:10分以下
《パスタ》
パスタ:200g
塩:15g
《味付け》
ミニトマト:10個
あさり:350g
バター:40g
ドライパセリ:適量
黒コショウ:適量

[作り方]
1. 鍋に水を入れて、沸騰したら塩を振り、パスタを入れる
2. オリーブオイルをたっぷり入れて熱し、あさりを焼いていく
3. ニンニクと白ワインを2に混ぜ合わせて香りを引き立たせ、弱火で蒸し焼き(2-3分)にしていく
4. 蒸し焼きしている間に、イタリアンパセリを刻んでおく
5. あさりが口を開いたらプチトマトとバターを入れていく
6. 茹であがったパスタを5に入れて、塩とコショウをしていく
7. イタリアンパセリを素早く合わせ、黒胡椒をかけて完成!

☆もこみちポイント
①:にんにくと白ワインを使って香りを良くする
②:あさりの旨味にトマトの程よい酸味を合わせる

1位:ひと手間であさりふっくらボンゴレビアンコ@ライフシアター

あさりパスタは、多少手間がかかるものですよね。今回1位に選んだのは、イタリアンシェフが監修しているあさりパスタです。あさりの塩抜きは、多少手間がかかるものだと思いがちですが、プロ(イタリア人シェフの小池直人氏監修)の手法を真似することができれば時短料理に早変わり。それでは、動画とレシピ内容を見ていきましょう!


動画:ライフシアター@Youtube

あさりを酒蒸しにし、一度取り出して仕上げに加えるひと手間で、あさりの旨みと、ふっくらした食感が生きたボンゴレビアンコが完成!イタリアンシェフ監修のひと手間ポイントで定番料理がランクアップ♪@ライフシアター公式HP

[材料] 1人分 *調理時間目安:15分以下
《下ごしらえ》
パスタ:100g
あさり:半パック
白ワイン:大さじ1.5
水:大さじ1.5

《味付け》
オリーブオイル:小さじ1
唐辛子:1/2本
にんにく:1/2片
昆布茶:小さじ1/2
塩:大さじ1/2

[作り方]
1. にんにくを潰し、芯を取り除いていく
2. 塩大さじ1/2を入れた湯で、パスタを袋の表記時間(通常は10分)より2分短めに茹でる
3. フライパンへにんにく、オリーブオイルを入れて、弱火で加熱する
4. にんにくがオリーブオイルに浸るようにしながら加熱、きつね色になってきたら、唐辛子を加えていく
5. あさり、白ワイン、水を加え、あさりが開くまで弱〜中火で酒蒸しにして置く
6. 開いたあさり、唐辛子を一度取り出す
7. あさりを取り出し、昆布茶を加え溶かし、パスタが茹で上がるまで火を止める
8. パスタが茹で上がったらフライパンへ移し、中火にかけて、水分を吸わせる
9. 水気がなくなったら、パスタの茹で汁を加え、好みの固さになるまで混ぜながら加熱
10. パスタが好みの固さになったら、あさり、唐辛子をフライパンに戻し、オリーブオイルをかけていく
11. パスタにオリーブオイルが絡むように混ぜ、火を止めて、お好みによってハーブを散らして完成!

2位:しょうが風味のあさりとバターのスープパスタ@ゼクシィキッチン

ゼクシィと料理動画ってなんだか合わないような気もしますが、こちらのあさりパスタのレシピは「ミシュランガイド東京」で3年連続2つ星を獲得している「レストランリューズ」飯塚隆太シェフが直伝で教えてくれる料理サプリだそうで気になりました。

このレシピは、時短ではなくゆっくり煮て作るレシピなので、20分ほど調理には時間がかかりそうです。寒い季節にと書いてますが、あさりの季節は春なので、今!食べたいパスタレシピだなと思いました*

チキンブイヨンにバターとあさりのうまみをプラスし、風味豊かなスープを作ります。そこにスパゲティを加えれば、寒い季節にぴったりのスープパスタの完成。しょうがをきかせてメリハリのある味に仕上げます。@ゼクシィキッチン公式HP

[材料]1人分 *調理時間目安:20分以下
《下ごしらえ》
スパゲッティ100g
あさり200 g
バター20g

《味付け》
しょうが:1/2片
白ワイン:50ml
チキンブイヨン:200ml
青ねぎ:大さじ2 (小口切り)
塩:適量
粗挽き黒こしょう:適量

[作り方]
1. あさりは砂抜きして、殻同士をこすり合わせ、表面の汚れを落として水けをきる2. しょうがはみじん切りにする
3. 鍋にたっぷりの湯を沸かして、1%の塩を加え、スパゲティを袋の表示時間より2分短く茹でる(*1位のレシピも2分短く茹でています)
4. 
別の鍋にバターを入れて中火にかけ、しょうがを加える。しょうがの香りがたったら、あさりを加えて強火にして、白ワインを加えていく
5. 蓋をして2分ほど蒸し煮にする
6. あさりの口が開いたら、あさりだけをいったん取り出して、鍋に残った蒸し汁が半量になるまで煮詰めていく
7. 煮詰めた蒸し汁にチキンブイヨンを加え、ひと煮立ちするかを見ながら、塩とこしょうで味をととのえる
8. スパゲティが茹で上がったら、ざるに上げて湯をきり、7の鍋に加えていく
9. 2分ほど茹でたのちにあさりを戻し入れ、ひと煮したら器に盛り、青ねぎをちらすで完成!

3位:魚介の旨味!「白身魚とあさり缶の簡単パスタ」@Delish Kitchen

今回2位に選んだ理由としては、手っ取り早く美味しいあさりパスタを家で作るにはどうしたらいいかと考えた際にこのレシピ動画が目にとまりました。 こちらのレシピにパスタを茹で合わせたら10分以内にあさりパスタが作れそうです♪白身魚の量を半分にして、少しほぐしてあげるとパスタに合いそうだなと思います。


動画:Delish Kitchen@Youtube 

パパッと簡単!本格派のイタリアン料理のご紹介です!魚介の旨味がたっぷり詰まった絶品アクアパッツア♪特別な日に大切な人のために作ってみませんか?@Delish Kitchen公式HP

[材料]2人分 *調理時間目安:10分以下
《下ごしらえ》
パスタ:200g
白身魚切り身(タイなど):1/2切れ
あさり水煮缶:1/2缶
しめじ:1/2袋
ミニトマト:5個

《味付け》
にんにく:1/2片
塩:少々(パスタ茹でのために15g)
コショウ:少々
酒(あれば白ワイン):大さじ1/2
オリーブ油:大さじ1

[作り方]
1. パスタを茹でる鍋に塩を入れて、沸騰したらパスタを茹で始める
2. にんにくをみじん切り、しめじは小房に分け、ミニトマトは半分に切る
3. 2にフライパンにオリーブ油とにんにくを入れて熱し、香り立ったらタイを入れ、両面を軽く焼いていく
4. 3にしめじと、トマト、あさり水煮缶を汁ごと入れる
5. 4に酒、塩・コショウをふり、ふたをして5分程度煮る
6. 1のパスタが茹で上がったら、5に入れて、お好みでハーブを入れて完成!

☆Point:
缶詰の汁に貝のうまみが詰まっているので余さず使うことでさらに美味しいパスタになる
白身魚は加熱しすぎると身が硬くなってしまうので、煮込み過ぎには注意したい