Share

至極の幸せ・Instagramで観たい世界最高のビーチ8選

もうすぐビーチが恋しくなる時期ですね( ´ ▽ ` )ノ。前々から気になっていた2017年トリップアドバイザーによってトップ1%だけに与えられる称号を獲得している最高のビーチをご紹介します。ターコイズブルーの海、小さな波、植生に囲まれた細かい砂のビーチが見られます。日本の沖縄県宮古島の「与那覇前浜ビーチ」は有名ですが、今回紹介するビーチは8つの世界最高ビーチです。

今回のリストは、TripAdvisorがユーザーからのコメントと評価を考慮した後、地球上最高のビーチとして認定したものです。今回ご紹介するビーチは、Instagramでシェアしたい世界トップの海、ビーチです。トリップアドバイザーによって、 “2017 Travelers ‘Choice”で選ばれている最高のビーチを8つ取り上げてみました*

トリップアドバイザーが選ぶ世界のベストビーチ8選 

1. カリブ海にある世界最高のビーチ「グレースベイ・カイクス諸島」

魔のトライアングル”バミューダ海域”といえば聞いたことはあるでしょうか。白い砂浜とターコイズブルーの海は世界最高レベルのビーチです*。 “Provo”として知られているProvidencialesは、40の島々とタークスカイコス島またはタークスカイコス諸島の中で最高の島として選ばれました。なんと、1時間もあれば島の端から端まで移動できてしまうんですね♪

ドミニカ共和国の北部と大西洋のバハマの南部にあるこのProvoでは、ダイビング、​​釣り、ウォータースポーツ、ゴルフ、高級別荘地として有名です。もちろん一番の魅力は透明かつエメラルドグリーンの海です。首都はCockburn Townで、アメリカのマイアミから数千マイルに位置しています、結構遠いですよね( ^ω^ )

Providenciales国際空港のフライトは、デルタ航空またはユナイテッド航空でアメリカ経由にて到着します(アトランタ、ニューヨーク、ヒューストンなど)。そのため、観光ビザが必要なのでもし行きたい!という人がいればチェックしておいたほうがよさそうです。
トリップアドバイザー

2. フェルナンド・デ・ノローニャ島にある「サンチョ湾ビーチ」

2015年のTripadvisotによるトラベラーズチョイス(TM)世界ベストビーチで一位に輝いたのがブラジルにあるサンチョ湾ビーチです☆。このビーチへ向かうには、金属製の階段で50メートルの石の崖を降り、ボートで行く必要があります。そこでは、カラフルな魚、イルカ、カメが何の努力もせずに見られますよ。

Sancho湾は、世界遺産にも登録されているFernando de Noronhaの群島にあり、火山起源の21の島から成り立っています。エメラルドグリーンの海の透明度が一番高くなるのは10月、ベストシーズンに行きたいですね♪

さらに、島は観光客の過度の搾取を避けるため、1日あたり420人の訪問者しか認めないので、即興できる旅行ではないのが注意点です※。赤道よりわずか4度、アフリカ大陸から2,800キロメートルのところにあり、世界で最も大きなダイビングとシュノーケリングのメッカの一つです(・・)ノ

トリップアドバイザー

3. 真っ白な砂浜、言葉を失う景色が見れる「プラヤパライソビーチ」

プラヤパライソのビーチにある砂は、まるで小麦粉のようにふわっとしており、海はほぼ透明に近い綺麗さを誇るそうです♪。交通手段は結構悪いのですが、そのおかげで静寂な環境でビーチや海を楽しむことができます。ここのビーチに足を踏み入れたらドラマの主役になったかのようですね*

宿泊に関して、2名用のダブルルームは、1泊あたり220ドルくらいです。素晴らしい自然のビーチ近くで泊まることができれば、白沙のパウダービーチへ扉一つでいけそうで羨ましいです。サンセットも美しいんでしょうね。

トリップアドバイザー

4. 天国の砂浜?最高レベルの美しいビーチ「アンス・ラジオ」

セーシェル共和国のプララン島(アンス・ラジオがあるエリア)はマダガスカルの北東にあり、インド洋諸島のホットスポットを形成しています。ヴァレドメ渓谷と呼ばれる多少危険な渓谷を超えて、透明度が最高レベルのアンス・ラジオビーチが見えてきます。まるでディズニーに出てきそうなビーチです(^-^)/

周辺の諸島には、地球上でここだけに存在する8つの植物種、4つの鳥類、5つの霊長類が生息しているため、ビーチだけでなく様々な動植物にも恵まれている地域ですよね。アンス・ラジオのビーチ付近ではゾウガメも見れるそうです。

マダガスカルにいる50種類以上のキツネザル科は、保全の象徴として世界に知られているそうです。特有の目的地であるため、エア・フランス、ブリティッシュ・エアウェイズ、エミレーツ、エア・エウロパなどのいくつかの航空会社がセイシェル諸島への便を飛ばしており、料金は46,000ペソからなるそうですよ。
トリップアドバイザー

5. 海鳥や水生生物の多様な生態系が維持されている「ロス・ロケス諸島」

#CayoDeAgua #LosRoques #Venezuela 💛💙❤️

Drone & Photography 🇻🇪さん(@dronesolutions3.0)がシェアした投稿 –

ロス・ロケス国立公園は、ベネズエラの北のカリブ海にあります。そのビーチは、穏やかで、晴れやかな水、ラグーン、ケージ、そしてサンゴの起源のビーチの大規模な広場から成っています。ダイビング、​​ウインドサーフィン、釣りなどもできる恋人同士で行けるとすれば夢でも見ているかのような場所です、羨ましい(ー ー;)

サンゴ礁に囲まれたベネズエラの楽園であるロス・ロケス国立公園から見える海は、まるでサファイアをちりばめたかのように透明な青が広がっています。ビーチ近くでは、マングローブ、サボテン等も見ることができるようで、自然保護区として制限もあるようです。

観光客のほとんどはロス・ロケスに飛行機で到着します。グラン・ロケの滑走路は長くないので、大型の飛行機は到着せず、飛行機のスケジュールは約25分です。プライベートなヨットで行くこともでき、海の状況によっては4時間から6時間の間にレンタルすることができます。
トリップアドバイザー

6. プエルトリコにあるマリンブルーの透き通る海「フラメンコ ビーチ」

#playaflamenco #culebra #puertorico #whateverpr #whateverpuertorico #conservatuislalimpia #llévatetubasura Foto por:@pixelesonwood Taguea’👥

Aventura | Cultura | Ambienteさん(@whateverpuertorico)がシェアした投稿 –

手付かずの大自然が広がるフラメンコビーチ、透明度抜群ですね。この海は、もちろんの事、シュノーケリングに最適で、透明度が非常に高い環境で魚を鑑賞することができます。クレブラ国立野生動物保護区に隣接しており、最も人気のあるアクセス方法の1つが「Lancha de Culebra」です。

ここで宿泊をして、次の朝に朝日を見ることができれば、この世のものとは思えない美しい水平線を超えていく姿を拝めそうです。( ^ω^ )
トリップアドバイザー

7. クリアブルーのビーチと豊かな自然に囲まれた「フォルメンテラ島」

この砂浜は、バレアレス諸島にあります。このエリアには車でアクセスできますが、徒歩や自転車でアクセスして、景観をよりよく楽し見ながら環境を壊さないように配慮するというのが実は良いみたいです。ここでは、地平線に沈む壮大なサンセットが有名だそうです、観たいです(*_*)

フォルメンテーラ島には、ウォータースポーツ、レストラン、コンビニ、パラソル等、ビーチを楽しむのに必要なすべてのサービスと観光インフラが完備されているそうなので、便利ですね。
トリップアドバイザー

8. 知る人ぞ知るお忍びリゾート「ガパリビーチ」

ビルマやミャンマーには、イメージできないほど美しい青い海に囲まれた場所があります。多くの旅行者はバンコクからミャンマーへ入国します。白い砂浜にココナッツの木など、癒されること間違いなしです。以前ミャンマーに行った際いけなかったので、次は行ってみたいです♪

アジア最後のフロンティアと言われるミャンマーで注目される観光地であるガパリビーち、これから混んでくるということを考えると今のうちに行っておきたいですね。(*_*)

トリップアドバイザー

Share