Share

10歳若返る幻のオイル!主治医が見つかる診療所

17日放送の「主治医が見つかる診療所」いつも気になる番組ですよね、芸能人が実際に健康診断を受けて解説されている内容見ていると、20代でも気にしないといけない!っていう気になったりします*

今回紹介されていたのは、10歳若返るぞ!プロジェクト第5弾の糖と油を上手に摂って若返る!シリーズの第五弾です。砂糖や油は、食には関わりが非常に深い部分なため、注目度が非常に高そうです。さて、どんな内容だったのかを振り返っていきます

画像:主治医が見つかる相談所@テレビ東京

糖と油のとり方は、老化の予防、キーポイントだそうです。スタジオで紹介されていた「老化曲線」は、年齢とともに悪い方向へ降下していきますが、そのスピードを抑えたり、急降下するのを防ぐために対処する必要がありそうです。

芸能人の糖のとり方・深刻度ランキング!

普段の食生活で糖のとり方に問題があり、血液検査が悪いと言われた芸能人は5人中3名

深刻度が高い順から発表していきます

第1位:大神いずみ(47歳)

画像:主治医が見つかる相談所@テレビ東京

糖化年齢=67歳!

なぜ大神いずみさんはここまで悪い

ご主人の元木大介さんが作ってくれる料理が規格外(二人でスパゲティ1kg分等)という。VTRには流れていなかったが、突発的に食べている食事が多いのではということ

糖尿病:血糖値(基準値110mg→113mg)、HbA1c(ヘモグロビンA1c=基準値6.2%→6.2%)*糖尿病の予備軍に間違いないという、糖尿病によってハリ、弾力が低下していく

よくない結果:脳梗塞や心筋梗塞のリスクが3倍になる糖尿病、3年後に閉経になった際に色々な病気を引き起こす可能性がある。また、網膜の血管が崩れれば失明、腎臓が悪くなれば人工透析等、悪い結果を引き起こす可能性が高い

第2位:カンニング竹山(46歳)

画像:主治医が見つかる相談所@テレビ東京

糖化年齢=不明(中性脂肪が基準値の3倍)

なぜカンニング竹山さんはここまで悪い結果になったのか

何がダメなのか:主食(お好み焼き、ラーメン)と主食(ご飯)等を重ね食べしている、また極度の早食いで咀嚼回数が少ない、タバコを1日二箱(40本)吸いながら25年間、お酒の飲み過ぎ(ウイスキーや焼酎には糖は含まれていないが中性脂肪を上げる)

健康に気を使っている行動:お酒を飲んだ翌朝には、整腸作用を促すためにスーパー大麦を食している

よくない結果:血液の試験結果で、血液に中性脂肪が溜まりすぎている(400mgを超える数値(基準値150mg))で乳び血清だということが判明した。中性脂肪が肝臓について脂肪肝になり悪くて肝臓癌、動脈硬化を進めるきっかけ、老化を進めるきっかけになる

*乳び血清:中性脂肪が溜まった血液に対して、黄色く透き通っているのではなく脂肪により白く濁った形になってしまう

第3位:DJ Koo(55歳)

画像:主治医が見つかる相談所@テレビ東京

糖化年齢=89歳!

なぜDJ Kooさんはここまで悪い結果になったのか

なにがダメなのか:甘いものの食べ過ぎ+睡眠不足

健康に気を使っている行動:特になし。。

よくない結果:ガンになる確率が4-5%上がってしまう、またアルツハイマーになる可能性もある、記憶力低下につながる時も

一般的に糖化年齢が高い人のタイプとは

睡眠時間が6時間以下の人

タバコの吸いすぎ

朝食を食べない

早食い

糖化によって作られる悪質な物質とは

AGE(週末糖化産物)と言われる老化の物質が糖化によって溜まっているという。これは、あらゆる場所に溜まる物質で、肌の黄ばみが進んでいってしまう。また、骨にたまると骨をもろくするため、骨粗しょう症につながりかねないというから驚き。。さらに血管の中で出来たAEGは、血管の詰まりを引き起こし心筋梗塞や脳梗塞のリスクを上げてしまう

今では、TruAgeという器械でどのくらいの糖化年齢なのか簡単に測定できるそうですよ*

糖化を防ぎ返るために取りたい糖化対策

食後の血糖値を上げにくくする方法(抗糖化)①

摂取する糖の量を制限するより、食べ方を工夫して体への影響を下げる

食べ方とは?:サラダから食べて食物繊維を先に取るのも一つ、今回紹介されたのは順番ではなく、例えばうどんなら月見うどんにして食べる。

炭水化物はタンパク質や野菜と一緒に食べると血糖値が上がりにくい

組み合わせは以下のとおり

温かいうどん+温泉卵=温玉うどん

冷たいうどん+サラダ=サラダうどん

ご飯+牛=牛丼

水溶性食物繊維(オクラ、海藻、納豆)+お酢

食後の血糖値を上げにくくする方法(抗糖化)②

糖化を防ぐ食品を食べるようにする

老化を非常に進行させる糖化をヨーグルトの上澄みで防ぐ

野菜(サニーレタス、春菊、ゴボウ)

フルーツ(粒の大きいものより小さいもの、みかんよりもキンカンを皮ごと=皮にはポリフェノールが多く含まれて居る)

健康茶(ドクダミ茶、柿の葉茶、ルイボスティー)

香辛料(カルダモン、ローズマリー)

プレーンヨーグルトの上澄み液(乳清=ホエー)

オイル(オメガ3=エゴマオイル、アマニオイル、魚のオイル)、(オメガ6=サラダ油、ごま油、コーン油)、(オメガ9=オリーブオイル、菜種油、米油)をそれぞれバランス良く

芸能人の糖のとり方・深刻度ランキング!

油のとり方

深刻度が高い順に発表していきます

画像:主治医が見つかる相談所@テレビ東京

第1位:カンニング竹山(46歳)

超悪玉レムナントコレステロール(基準値7.5mg→34.9mg)

なぜ深刻度が高いのでしょう?

理由:糖化の場合と同じく、食べ過ぎ、タバコの吸いすぎ、アルコールの取り過ぎ、早食い

対処方法:油のとり方だけでなく、タバコ、アルコール、食べ過ぎ等を治す

第2位:DJ KOO(55歳)

超悪玉レムナントコレステロール(基準値7.5mg→10.8mg)

なぜ深刻度が高いのでしょう?

理由:7種類の油を使用していたが、オメガ3の油をとっていなかったという点と油自体を取り過ぎていた。多くの人に不足していると言われているオメガ3、オメガ3を多く含む油は非常に少ない

対処方法:意識してオメガ6を減らしてオメガ3を増やす

ひどい食生活にもかかわらず審査結果に以上がなかった人物⇩

篠原信一(44歳、身長189cm、体重105kg)

油を効率的に取り老化を防ぐために必要な油・とり方とは

画像:主治医が見つかる相談所@テレビ東京

現代人に不足していると言われているオメガ3、その弱点として独特な風味と長時間加熱することに弱いと言います、実際どうなのでしょうか。

オメガ3の特徴である長時間の加熱に弱いという点に関しては、油がすぐに酸化してしまう可能性が高いため、遮光すると良いそう、つまり油を日光に当たりやすいところに置いておかないことが重要、また常温を下げるために冷蔵庫に入れておきたい

オメガ3の弱点を克服した最強のオイルとは

画像:主治医が見つかる相談所@テレビ東京

原料:南米・アマゾン原産の木の実である「サチャインチナッツ」

特徴:星型の実が特徴だという、また180度の油まで耐えられるという、エゴマオイルとアマニオイルは160度以上でオメガ3の量が減ってしまう

どういった食べ方をすれば良いのか:

納豆+サチャインチナッツオイル

レンコン+人参のきんぴら+サチャインチナッツオイル

鮭と野菜の味噌ホイル焼き+サチャインチナッツオイル

5千年の歴史を持つ最強の老化防止オイルとは

画像:主治医が見つかる相談所@テレビ東京

動物性の脂である「ギー」

原料:発酵無塩バターを煮詰めてタンパク質や水分などを除き純粋な乳脂肪にしたもの

特徴:普通のバターより酸化しにくく、日持ちする。アーユルヴェーダの施術でも「ギー」が使用されている、目に直接当てると眼精疲労効果があるという

効果:抗酸化(ビタミンAやビタミンEが多く含まれている)、滋養効果によって若返り効果がある

どういった食べ方をすればいいのか

コーヒー+ギー

トースト+ギー

サワラのギー蒸し

オメガ3の効力を持っている油はどんなものがある?

オメガ3必須脂肪酸を含んでいる代表的な油

亜麻仁油、えごま油、チアシードオイル、青魚の油

お店で買いたいオメガ3、どんなパッケージ?

画像:ICHIRIN市川店

画像:ちょら暮らし